エンタメ・芸能Yahooニュースまとめ

ヤフーニュースから芸能エンタメニュースのコメントをまとめてます。

2019年12月

 タピオカ店恫喝騒動で活動休止中の木下優樹菜とお笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史が31日、双方ともに離婚を発表、大晦日の芸能ニュースを騒がせている。それとともに、離婚という「形」を示し生活上のけじめをつけたことで、木下の復帰が早まるのではとの観測もある。
続きを読む

 大みそか恒例の日本テレビ系「ガキ使SP絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」が31日、放送された。



 冒頭、ラグビー日本代表の稲垣啓太選手らが登場。同番組の「アウト!」のコールでおなじみダウンタウンの元マネジャーで吉本興業・藤原寛副社長が、「スクールウォーズ」をパロって選手らにカツを入れ始めた。

 「俺が最高のギャグするけど、耐えてみい!」と、笑わない男・稲垣相手に「チャチャマンボ!」とギャグを開始。ダウンタウンが「寛平師匠のギャグですね」と解説するなか、稲垣に全く通用せずににらみつけられ、松本人志が「むしろ怒ってるな…」。

 藤原副社長は「笑わへんのかーい!笑わへんいうて、ここは笑うとこや」と指導すると、稲垣は「あざす」。

 藤原副社長が「お前ら、吉本に入りたないんか!」とカツを入れると、選手らは「入りたくないです!」と一蹴。藤原副社長は「吉本はいろいろあって、並大抵のことでは好感度アップせえへんねんぞ!」と言い放っていた。

 だが、最後に藤原副社長は「俺はこれからお前たちを殴る!」と宣告し、松田力也を殴ろうとするも、頭を片手でおさえられて、手が全然届かずジタバタする池乃めだか師匠のギャグを繰り出し、「きょうは、このへんにしといたるわ!」。少しウケをとり、選手は全員でずっこけていた。
続きを読む

悪性リンパ腫と診断された元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(56)が、「Iラブ(ハート)テレ東」の文字がプリントされたTシャツ姿を公開し、看護師からもツッコミを受けたというエピソードをつづった。



笠井アナは31日、インスタグラムを更新し、「入院2週間で1番困ったTシャツ」と、同Tシャツを着た写真をアップ。「これで病院内を歩いていたら『笠井さん なんでテレ東なんですかー!?』と看護師さんに笑われてしまいました」とつづった。

「妻が元アナウンサーで今もテレビ東京勤務なので着替えとして持ってきてくれたんです」と理由を明かし、「でもこれはちょっとインパクトありすぎですよね『フリーになっといてよかったですね』とも看護師さんたちに言われましたがそういう問題かなぁ」とちゃめっ気たっぷりにつづった。
続きを読む

 タピオカ騒動で活動休止中のタレント・木下優樹菜(32)とお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(49)が31日、報道各社にFAXを送り、離婚することを発表した。



 これを受け、ネットは「マジか」、「好きだったのに」、「今年1年で一番びっくり」、などとコメント。また、今年8月にはTBS系「モニタリング」で、「実は離婚していた」というドッキリを漫才コンビのミキら若手に仕掛けており、「ガチになってしまった」、「あのモニタリングのやつほんとに仲悪かったとしたら怖い」と驚きの声が大多数を占めた。

 番組では控え室で藤本が「ハグ嫌がるのやめて」、木下が「もう離婚してること公表しても良くない?」などと大声で言い合いをしたり、ミキの前で激しいけんかをしたりした。

 ネタばらしでは驚くミキに、ふたりが「手つなぎます、つなぎます」と笑い、ユッキーナがフジモンの手をほほに寄せる場面もあった。

 この番組から2カ月後、木下は実姉が勤務していたタピオカ店店主に恫喝メールを送っていたことが発覚。ネットを中心に炎上する事態となり、11月18日に活動休止を発表していた。
続きを読む

 タピオカ騒動で活動休止中のタレント・木下優樹菜(32)とお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(49)が31日、報道各社にFAXを送り、離婚することを発表した。



 木下はインスタでも離婚を報告。ただ、コメント欄は封鎖された。インスタに掲載したメッセージは以下の通り。

 「私、木下優樹菜は、この度、藤本敏史さんと離婚することになりました。

 親権は私が持つことになりましたが、私たちの間に生まれてきてくれた2人の娘にとって、世界にたった1人の父親であり、母親であるので、今までと変わらず、お互いに協力し合い、仲良く子育てをして参ります。

 全ての関係者の皆様、そして応援してくれるファンの皆様、ご迷惑とご心配をおかけして大変申し訳ございません。木下優樹菜」

 これを受ける形で10月9日付、タピオカ騒動を謝罪するメッセージにコメントが殺到し、「夫婦間のことは夫婦間にしか分からない」、「過ちはみんなある」、「また元気な姿をテレビで見たい」、「恫喝とは完全に別問題」などと書き込まれた。

 ふたりは「クイズ!ヘキサゴン2」の共演をきっかけに08年から交際を開始。10年に結婚し、“美女と野獣”カップルとして注目を集めた。

 今年、木下が実姉が勤務していたタピオカ店店主に恫喝メールを送っていたことが発覚。ネットを中心に炎上する事態となり、11月18日に活動休止を発表していた。その後、30日に放送されたテレビ番組内で夫の藤本も「すみません。ホンマにご迷惑をおかけして…」と謝罪していた。
続きを読む

 タレント・吉木りさ(32)が31日、ブログを更新。タレント・矢口真里(36)の9カ月の息子が「とにかく美少年でビックリ!!」と驚いたことを伝えた。

 矢口は18年3月に元モデルと再婚。今年8月に第1子となる長男が誕生した。吉木は17年11月に俳優・和田正人と結婚し、今年10月に第1子長女が誕生したばかり。

 互いにベビーを抱っこした写真をブログに投稿し、矢口ファミリーが自宅に遊びに来てくれたことを報告。矢口の長男について「明るい矢口ファミリーそのものな元気な男の子です」と伝え、「とにかく美少年でビックリ!!これは将来楽しみで仕方ありません」と美少年ぶりを表現した。

 ともに今年生まれたベビー。「でもたった2~3ヶ月の差でこんなにも体格差があるんだな~としみじみ」と子供の成長の早さを改めて感じたようで、「早く大きくなってお互いがコミュニケーション取れるようになるとより楽しいんだろうなと今からワクワクしております」と笑顔いっぱいの写真とともにつづっている。
続きを読む

 令和初の『年末ジャンボ宝くじ』(第818回全国自治宝くじ)、『年末ジャンボミニ』(第819回全国自治宝くじ)の抽せん会が12月31日、東京オペラシティで行われ、当せん番号が決まった。



 今年の『年末ジャンボ宝くじ』は1等賞金が7億円。1等の前後賞が各1億5000万円で、1等・前後賞合わせて10億円となる。支払期間は2020年1月7日から2021年1月6日まで。

 今回の『年末ジャンボ宝くじ』は、1等7億円が23本、前後賞1億5000万円が46本、2等1000万円が69本、3等100万円が2300本。『年末ジャンボミニ』では、1等3000万円が72本、前後賞1000万円が144本、2等100万円が1800本。

 この日の抽せん会には、小池百合子東京都知事、高市早苗総務大臣、指揮者の阪哲朗氏、ソプラノ歌手の森麻季が参加。進行は、山本哲也、宝くじ「幸運の女神」の和田愛里さん、飯本日菜子さん、川原梨穂さんが務めた。

◇年末ジャンボ宝くじ
当せん番号は以下の通り。

【1等 7億円】39組153893
【前後賞 1億5000万円】1等の前後の番号
【組違い賞 10万円】1等の組違いの同番号
【2等 1000万円】127組153771/112組160975/11組141070
【3等 100万円】組下1ケタ6組180568/9組191832/6組173801/0組151057/4組158441
【4等 10万円】下4ケタ5223
【5等 1万円】下3ケタ214/728
【6等 3000円】下2ケタ11
【7等 300円】下1ケタ7
【年末ラッキー賞 2万円】下4ケタ1960

◇年末ジャンボミニ
当せん番号は以下の通り。

【1等 3000万円】55組199161/6組131011/1組132216/83組162297
【前後賞 1000万円】1等の前後の番号
【2等 100万円】組共通195520
【3等 10万円】下4ケタ0141/9108/7393
【4等 1万円】下3ケタ897/624/213
【5等 3000円】下2ケタ16
【6等 300円】下1ケタ0
続きを読む

 お笑いコンビ「FUJIWARA」のフジモンこと藤本敏史(49)と、タピオカ騒動で活動休止中のユッキーナこと木下優樹菜(32)が31日、両者の所属事務所を通じ離婚したことを発表した。2人は2010年に結婚、2人の娘がいる。親権は木下が持つことになった。

 2人は報道関係にファクスでコメントを送付した。また、木下は同日に更新した自身のインスタグラムでも離婚したことを報告した。2人のコメント全文は以下の通り。

 【藤本】

 私ごとで大変恐縮ですが、私、藤本敏史はこの度12月31日をもちまして木下優樹菜さんと離婚した旨、ここに報告させていただきます。

 お互いの芸能生活の中で、夫婦としてのすれ違いや生活のずれが重なり、話し合いを重ねた結果このような結論に至りました。これから夫婦という形でなくなっても、子育てにおきましては父親、母親として二人で協力してしっかりと責任を果たしていきたいと考えております。

 お世話になっている皆様、関係者の方々にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解いただけたら幸いです。

 藤本敏史

 【木下】

 私、木下優樹菜は、この度、藤本敏史さんと離婚することになりました。

 親権は私が持つことになりましたが、私たちの間に生まれてきてくれた2人の娘にとって、世界にたった1人の父親であり、母親であるので、今までと変わらず、お互いに協力し合く仲良く子育てをして参ります。

 全ての関係者の皆様、そして応援してくれるファンの皆様、ご迷惑とご心配をおかけして大変申し訳ございません。

 木下優樹菜
続きを読む

 タレントの木下優樹菜(32)とお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(49)が31日、離婚を発表した。



 2人は2010年8月に結婚。美女と野獣の年の差カップルとして注目を集めた。12年8月に長女、15年11月に次女が誕生。夫婦共演も多く、おしどり夫婦として知られていたが、私生活ではけんかも多く徐々にすきま風が吹き始めた。

 今年は、実姉が勤務していたタピオカ店のオーナー夫妻に対し、木下がSNSでどう喝するようなメッセージを送ったことが問題視され、木下は芸能活動を休止。藤本も夫として当事者や仕事関係者に謝罪を繰り返していたが、この騒動が離婚決意の要因になった可能性も高い。
続きを読む

 タピオカ騒動で活動休止中のタレント・木下優樹菜(32)とお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(49)が31日、報道各社にFAXを送り、離婚することを発表した。



 ふたりは連名でコメントを発表。藤本は「私ごとで大変恐縮ですが、私、藤本敏史は、この度、12月31日をもちまして木下優樹菜さんと離婚した旨、ここに報告させていただきます」としたうえで理由について「お互いの芸能生活の中で、夫婦としてのすれ違いや生活のずれが重なり、話し合いを重ねた結果このような結論に至りました」とした。

 木下も同様に報告し、「親権は私が持つことになりましたが、私たちの間に生まれてきてくれた2人の娘にとって、世界にたった1人の父親であり、母親であるので、今までと変わらず、お互いに協力し合い仲良く子育てをして参ります」とした。藤本も「これから夫婦という形でなくなっても、子育てにおきましては父親、母親として二人で協力してしっかり責任を果たしていきたいと考えております」とつづった。

 木下は「全ての関係者の皆様、そして応援してくれるファンの皆様、ご迷惑とご心配をおかけして大変申し訳ございません」、藤本は「お世話になっている皆様、関係者の方々にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解いただけたら幸いでございます」と、それぞれ謝罪した。

 ふたりは「クイズ!ヘキサゴン2」の共演をきっかけに08年から交際を開始。10年に結婚し、“美女と野獣”カップルとして注目を集めた。

 12年に長女、15年に次女を出産。ユッキーナこと木下はママタレントとしても活躍。フジモンこと藤本との夫婦共演でのCM出演も話題となった。

 今年、木下が実姉が勤務していたタピオカ店店主に恫喝メールを送っていたことが発覚。ネットを中心に炎上する事態となり、11月18日に活動休止を発表していた。その後、30日に放送されたテレビ番組内で夫の藤本も「すみません。ホンマにご迷惑をおかけして…」と謝罪していた。
続きを読む

↑このページのトップヘ