エンタメ・芸能Yahooニュースまとめ

ヤフーニュースから芸能エンタメニュースのコメントをまとめてます。

2020年04月

 キャスターを務めるテレビ朝日「報道ステーション」に27日に復帰したフリーアナウンサーの徳永有美が29日、インスタグラムを更新。番組で着用した衣装について説明した。



 徳永は27、28、29日と「報ステ」のスタジオではなく、別のスタジオからリモートで出演しており、29日のインスタには28日の番組で着用した空色のワンピース姿の全身写真を投稿。「外はいいお天気です。いいお天気ですが、グッとこらえるGWの本格スタートでもあります。大きく深呼吸して、自分の心と向き合って穏やかに過ごしていきたいです。」と記した。

 また「#昨日はきれいな空色の #ワンピース #全身がなかなかうつらない #スタジオなもので…」とも記し、ワンピースのブランドがYOKO CHANであることも明かした。

 YOKO CHANは、滝川クリステルが昨年8月、小泉進次郎議員と結婚を発表した際に着用するなど、滝クリ愛用ブランドしても知られる。徳永アナのワンピースも袖の部分がふんわりした立体感のあるデザインで、首周りのカッティングなど、上品ななかにもかわいらしい雰囲気を醸し出している。
続きを読む

 大阪府の吉村洋文知事が30日、ツイッターで、松井一郎大阪市長、元大阪市長の橋下徹弁護士が国政に“参加”することを要望した。

 この日、松井氏がツイッターで、大阪維新の会政調会長で大阪市会議員の守島正氏が「(議会の)委員会のオンライン出席を許容する通達が総務省から出ました」とする報告を引用して「国会も地方の政治家も吉村世代の時代やね」とコメントした。

 これに対して吉村氏は「僕は松井代表についていきますので、あまり『吉村世代、吉村世代』と公言されないようお願いします」とピシャリ。新型コロナウイルス対策で奔走する吉村氏の株が急上昇する中で、ノリノリの松井氏の“吉村アゲ”にくぎを刺した。

 続けて「松井代表や橋下さんが国会の場で大暴れしている姿をご期待申し上げます、なう。」と逆襲気味に両氏を持ち上げた。「国会議員になって」という条件は付けていないものの、松井、橋下両氏が国政の場でもの申すことを期待した。なお、橋下氏は2015年に大阪市長の任期満了にともない、政界を引退している。
続きを読む

 タレント・神田うのが29日、インスタグラムにゴージャスなトリュフおにぎりの写真を投稿した。

 ネット上ではコロナ収束の願いを込めて作ったおむすびの写真が、「#祈るおむすびバトン」とハッシュタグ(#)つきで拡散されており、著名人もこのリレーに参加している。

 うのはフリーアナウンサー・永井美奈子からバトンを受け取り、「私もコロナ収束を祈っておむすびを握らせて頂きました」とコメント。「今回私が作ったおむすびはトリュフおむすびです」と赤と白の皿の上に、真っ赤なバラ一輪を添え、のりの代わりにスライスしたトリュフをふんだんに巻いたおむすび写真を公開。トリュフはうのの「好物」だそうで、「名残の黒トリュフを使って心を込めて作りました」と説明した。

 うのはデヴィ夫人と美川憲一にバトンを託した。「人生のプロデューサー」という美川とはほぼ毎日電話で話しているそうで、美川が「人生で初めておむすびを握った」とも伝え、「祈念のヴァージンおむすびで収束が一気に早まる事間違いなしですね」とつづっている。
続きを読む

史上初の女性棋士を目指すのが西山朋佳奨励会三段(女王・女流王座・女流王将)だ。

女流棋士は将棋界に数多いが、男性のプロ棋士(四段以上)とは別の規定となっている。プロ棋士になるには基本的に奨励会を卒業するしかない。奨励会に入る女性は数年に1人程度のペースでいるものの、これまで四段は誕生しておらず、大半が後に女流棋士として活躍している。



■女性として最年少で三段に昇段

西山は大阪狭山市出身。近所には室谷由紀女流三段が住んでおり、幼少の頃からの付き合いだそうだ。

西山は奨励会受験組ではなく、研修会(奨励会のさらに下の位置付けで、最高クラスに到達すると奨励会に編入できる)から入会を果たした。アマチュア時代には中学生の全国大会女子の部で優勝している。研修会では受験から怒涛の勝ちっぷりであっという間に最高クラスに到達。

順調に昇級、昇段を重ね、2014年1月に初段。高校卒業とともに進学で関東に移籍した。その後の二段、三段も女性としては最年少で到達。最後の関門三段リーグに臨むことになった。三段リーグは30人ほどが参加して半年掛けて18局を戦い、上位2人が昇段(もしくは次点2回)となる。

西山の棋風はパワーのある振り飛車党。早指しでパンチを繰り出す豪快な棋風にはファンも多い。現在は中飛車や三間飛車を得意としている。

■各種棋戦で活躍を見せる

西山は奨励会員として例会に参加するとともに、女流棋戦にも参加。当初は実力の割に勝てず、タイトル獲得に時間が掛かったものの2018年に初タイトルの女王を獲得。2019年には女王の防衛戦、そして女流王将戦、女流王座戦にも挑戦。いずれも里見香奈を下し、参加できる女流棋戦のタイトルをすべて獲得した。

三段リーグでは2度勝ち越しがあったもののなかなか昇段争いに絡めず苦戦していたが、8期目となる第66回三段リーグ(2019年10月~2020年3月)で爆発。前半戦から星を伸ばし、最終日を前に3位に付けた。史上初の女性棋士誕生なるかで注目を集めた最終日、西山は見事に2連勝でフィニッシュするものの、競争相手が連勝。前期の成績による順位の差で届かなかった。成績は14勝4敗で次点。通常は13勝5敗が昇段ラインとなるので、運が悪かったと言える。

女流タイトルホルダーとして各種棋戦にも参加。現在行われている第33期6組竜王戦ランキング戦では女性として史上初のベスト4に進出するなど、各種棋戦で活躍を見せている。

そして第67回三段リーグには順位1位として参加。年齢制限の26歳まで残り3期(ただし、年齢制限になっても勝ち越せば延長できる)と余裕はないが、前期次点を取ったため3位以上になれば悲願の四段となる。新型コロナウイルスにより開幕が延期となる事態になっているが、快挙なるか注目のリーグだ。

文=渡部壮大
続きを読む

 女優の菜々緒(31)が30日、自身のSNSを更新し、衝撃のマスク姿を公開した。

 ツイッターとインスタグラムに「お掃除中にお宝発見。レイ・ミステリナナオ」と記して、WWEのプロレスラー、レイ・ミステリオ・ジュニアのマスクをかぶった写真を投稿。



 「8年前、会場で手を挙げたら本人からもらえたマスク」とお宝マスクをゲットできた経緯を説明した。

 この投稿にネットでは「凄いお宝!」「凄い綺麗なマスクマンだ」「最高に似合ってます」「綺麗な威圧感」と、隠しきれない美貌に驚く声が寄せられている。
続きを読む

 「M―1グランプリ2019」で優勝したお笑いコンビ「ミルクボーイ」の駒場孝(34)のSNSに「殺すぞ」などの投稿を繰り返したとして、東京都内に住む男が大阪府警浪速署に強要未遂の疑いで逮捕されていたことが30日、分かった。

 逮捕されたのは大田区の無職、川本豪容疑者(35)。同容疑者は3月中頃から駒場のSNSに「殺すぞ」「死ね」「返信しろ」などと複数回にわたって嫌がらせの投稿を繰り返したとして、強要未遂の疑いがもたれている。

 同容疑者と駒場は、横浜市内の中学校の同級生でともに剣道部に所属。卒業後はほとんど面識がなかったという。嫌がらせの投稿が続いたことから、駒場が浪速署に被害届を提出していた。

 浪速署の調べでは、川本容疑者は容疑を認めており、関係者によれば「Mー1優勝を知り、連絡を取ろうとしたが、返事が返ってこなかったので投稿した」などと供述しているという。駒場本人に代わって所属事務所関係者は「警察にお任せしています」と話している。
続きを読む

 新型コロナウイルスに感染し、27日に退院したお笑い芸人のラジバンダリ西井が28日に更新したブログで、発症した当時を振り返った。「おびただしい倦怠感」「40度以上の熱」があったもののPCR検査を受けることができなかったとしている。

 西井はブログのタイトルを「4/3 コロナウイルス発症」とし、コロナウイルス闘病記をしたためた。自身について「まず最初に僕は44歳男性でタバコは吸わない 子供の頃から剣道を続けており 高血圧で薬は30歳ぐらいから飲み始めてました。基礎疾患はありません」などと特段の既往症はないと記した。

 西井は続けて「身体にまず異常が出たのはおびただしい倦怠感 ここから一気に症状が出ました」と明かした。「夜、40度以上の熱が出て全身の震え、おびただしい倦怠感、意識が朦朧とする中、救急車で運ばれました」と投稿。病院ではまずインフルエンザを疑われ、2度の検査。いずれも結果は陰性だったという。

 西井は「検査待ちの時間も地獄 高熱、頭痛、全身の震え、全身の倦怠感 意識保つのがやっと」と振り返った。「味覚も嗅覚もあり 血液検査したらリンパ球が減り過ぎてて これがコロナウイルスの患者によくみられる症状らしいです」と診断結果をつづった。

 しかし、それでも入院させてもらえず、PCR検査もお願いしたというが受けさせてもらえなかった。

 帰宅も大変だったようで、「病院からの帰りはタクシーを使わざるを得ない状況でした。コロナウイルス感染の可能性がある状態で 高熱の為、フラフラで徒歩で帰るのは難しく 乗車拒否される可能性ありますと救急隊員の方から言われました」と記した。幸いなことにタクシーに乗ることはできたという。

 帰宅した西井は「部屋を隔離し 処方して頂いた解熱剤を飲み横になりましたが 熱と不安で眠れませんでした。死ぬかと思いました…」と当時の胸中をつづった。
続きを読む

 30日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、新型コロナウイルスの感染拡大について特集した。



 政府が5月6日に期限を迎える緊急事態宣言を延長する方向で調整に入ったことについて、コメンテーターとしてリモート出演の俳優・梅沢富美男(69)は「本当に納得できないと思いますよ」と話し出すと、「僕の知っているかんざし屋さん、石屋さん、皆さん『もう辞める』って。僕の所に連絡きて、『かんざしをお安く渡しますから買って下さい。もう、お店閉めるので』って。そんな話ばっかりですもん」と身近な例を紹介した。

 その上で「国民の人たちはみんな(外出自粛を)守ってますよ。お店もやってない自粛をあと1か月、2か月(延長)だとか。なぜ、そうするのか、ちゃんと話をしてくれないと中々、大変なんじゃないかと思いますけどね」と続けた。
続きを読む

 お笑い芸人・ほんこん(56)が30日、自身のツイッターで、蓮舫参議院議員(52)の「学校やめたら高卒ですよ」という発言に反応した。

 工業高校卒のほんこんは「アホですいません。努力が無駄ならそう言えば 『学校やめたら高卒ですよ就職どうする?』 議員が言う言葉かな? 与党が言っていたら差別だと言うやろうなぁ~」と、皮肉たっぷりにつぶやいた。

 蓮舫議員は29日の参院予算委員会で、バイトができず、帰省もできないため、大学生の13人に1人が学校をやめることを考えているという状況を踏まえ「生活が成り立たない、学校やめたら高卒になる、就職どうなる」と声を荒らげた。これにネット上では「失礼だ」などと反発する声が殺到していた。
続きを読む

 大阪府の吉村洋文知事(44)が30日、ツイッターを更新。府下のパチンコ店全店休業を報告した。

 吉村知事は「公表したパチンコ7店全てが本日休業、感染拡大防止にご協力頂きました。様々なご事情ある中、感謝致します。これで大阪府内全パチンコ店(約700店)に休業のご協力を頂きました。『公表しても宣伝なるだけ!逆効果!』と批判も受けましたが、知事として現実を動かしていきます」とつづった。

 府は24日から28日にかけて、休業要請に応じなかった10店を新型コロナウイルス対策特別措置法によって公表したが、それでも営業を続けた店舗に客が殺到する結果になり“3密”状態の危険性が指摘されていた。
続きを読む

↑このページのトップヘ