エンタメ・芸能Yahooニュースまとめ

ヤフーニュースから芸能エンタメニュースのコメントをまとめてます。

2020年12月

前澤友作氏 ファッション通販「ZOZO」の創業者で実業家の前澤友作氏(45)が31日放送の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時」に出演し、レギュラー陣の爆笑をさらった。
【写真】「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時」に出演するダウンタウンの浜田と松本
 ダウンタウンら、おなじみのメンバーがセレブたちのオークション会場を見学するという場面。目玉の作品はダウンタウン・浜田雅功(57)をモチーフとした絵画と紹介された。会場の外国人男性らが「1200万」などと札をあげる中で、「5000万!」と姿を現したのが前澤氏だ。
 「1兆」「1京」「1那由他(なゆた)」などと、規格外の値段を掲示し、ラストは「1000那由他」で落札。秘書役の外国人女性から「社長、お金ないよ~」と指摘された前澤氏は、松本人志(57)に対して「(著書の)『遺書』が大変売れてたくさんの印税が入った。1那由他ほどお貸しして頂けませんか」と懇願した。
 浜田雅功(57)には「WOW WAR TONIGHT、昔よく聴いていました。たくさん印税が入られたと。1京ほどお貸いただけませんか」。借金を申し込む展開で笑いを取っていた。
/* sc-component-id: sc-gqjmRU */
.kDbGuZ{margin-top:20px;}
/* sc-component-id: sc-htpNat */
.hrIyGd{width:950px;margin:auto;padding:12px;background-color:#4e555d;}
/* sc-component-id: sc-bxivhb */
.gPlJgd{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;-webkit-align-items:stretch;-webkit-box-align:stretch;-ms-flex-align:stretch;align-items:stretch;margin:0 -8px;}
/* sc-component-id: sc-ifAKCX */
.esrMco{width:25%;padding:0 8px;}
/* sc-component-id: sc-EHOje */
.ickGY{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .ickGY:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .ickGY::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 0) 0;}.exrhXL{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .exrhXL:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .exrhXL::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 1) 0;}.jhZTma{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .jhZTma:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .jhZTma::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 2) 0;}.KjZLf{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .KjZLf:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .KjZLf::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 3) 0;}
/* sc-component-id: sc-bZQynM */
.etOMYq{display:block;font-weight:bold;font-size:1.4rem;color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-gzVnrw */
.hsGpd{display:block;margin-top:4px;font-size:1.2rem;line-height:1.2;color:#8a8f95;}
/* sc-component-id: sc-htoDjs */
.jjGYP{margin:12px 20px 0;font-size:1.3rem;}
/* sc-component-id: sc-dnqmqq */
.dbIXmq{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;}
/* sc-component-id: sc-iwsKbI */
.bACKiA + .sc-iwsKbI{border-left:1px #3c4147 solid;}
/* sc-component-id: sc-gZMcBi */
.JliRI{display:block;padding:0 10px;color:#fff;} .JliRI:hover{color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-bdVaJa */
.NBdyd{background-color:#fff;padding:12px 0 20px;font-size:1.2rem;line-height:1.6;text-align:center;}
/* sc-component-id: sc-bwzfXH */
.gaFnxp:visited{color:#639;} .gaFnxp:hover{color:#cc3434;}
続きを読む

<紅白歌合戦>司会を務める(左から)内村光良、大泉洋、二階堂ふみ(C)NHK 大みそか恒例の「第71回NHK紅白歌合戦」が31日、東京・渋谷のNHKホールでスタートした。
【写真】Foorinのバックで、ノリノリのパプリカダンスを披露する大泉洋
 総合司会の内村光良(56)がオープニングで「今年私たちの生活は一変しました。人との触れ合いは制限され、なんかもどかしい気持ちで…。でもそんな時に寄り添ってくれたのが歌でした。笑顔で来年を迎えられますように。それでは、参りましょう!」とあいさつ。
 白組司会の大泉洋(47)は自己紹介で「白組司会の大泉洋でございます!この大みそかに好きなだけ喋っていいという場をいただきまして…」と話すと、内村がすかさず「言ってないよ!言ってない」と突っ込み。
 大泉は「言ってませんか?では白組の皆様とスペシャルな歌を…って、もう“巻き”の合図が出ているってどういうことですか!」といきなり笑わせた。
 コロナ禍で史上初の無観客開催となり、NHK局内全体が舞台になる。主なステージは「NHKホール」「101スタジオ」「オーケストラスタジオ」「審査員ルーム」の4会場。
 無観客開催となるため、会場の観客の投票がなく、例年と異なる審査方法が導入される。
 「視聴者投票」はテレビ1台あたり最大5票まで与えられる。まず、テレビで放送を視聴し始めたら1票を獲得。その後、5分連続の視聴を10回達成するごとに1票ずつ増えていくシステム。獲得した投票分は全対戦終了後にまとめて紅か白のいずれかへ、テレビのリモコンから投票する。(紅組に3票、白組に2票など)票を分割して投票することはできない。ゲスト審査員も同様の方法で投票する。
/* sc-component-id: sc-gqjmRU */
.kDbGuZ{margin-top:20px;}
/* sc-component-id: sc-htpNat */
.hrIyGd{width:950px;margin:auto;padding:12px;background-color:#4e555d;}
/* sc-component-id: sc-bxivhb */
.gPlJgd{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;-webkit-align-items:stretch;-webkit-box-align:stretch;-ms-flex-align:stretch;align-items:stretch;margin:0 -8px;}
/* sc-component-id: sc-ifAKCX */
.esrMco{width:25%;padding:0 8px;}
/* sc-component-id: sc-EHOje */
.ickGY{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .ickGY:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .ickGY::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 0) 0;}.exrhXL{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .exrhXL:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .exrhXL::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 1) 0;}.jhZTma{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .jhZTma:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .jhZTma::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 2) 0;}.KjZLf{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .KjZLf:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .KjZLf::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 3) 0;}
/* sc-component-id: sc-bZQynM */
.etOMYq{display:block;font-weight:bold;font-size:1.4rem;color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-gzVnrw */
.hsGpd{display:block;margin-top:4px;font-size:1.2rem;line-height:1.2;color:#8a8f95;}
/* sc-component-id: sc-htoDjs */
.jjGYP{margin:12px 20px 0;font-size:1.3rem;}
/* sc-component-id: sc-dnqmqq */
.dbIXmq{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;}
/* sc-component-id: sc-iwsKbI */
.bACKiA + .sc-iwsKbI{border-left:1px #3c4147 solid;}
/* sc-component-id: sc-gZMcBi */
.JliRI{display:block;padding:0 10px;color:#fff;} .JliRI:hover{color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-bdVaJa */
.NBdyd{background-color:#fff;padding:12px 0 20px;font-size:1.2rem;line-height:1.6;text-align:center;}
/* sc-component-id: sc-bwzfXH */
.gaFnxp:visited{color:#639;} .gaFnxp:hover{color:#cc3434;}
続きを読む

SHIBUYA109に掲示された嵐の広告。ファンたちは別れを惜しむようにスマホで撮影していた=東京・渋谷(撮影・宮崎瑞穂) 2020年の大みそか、嵐が伝説になった。
 この日をもって21年にわたるグループ活動を休止。いつしか国民的グループと呼ばれるようになり、ファンとともに前進し続けた5人は、初めてその歩を止めた。
【写真】えんび服姿で熱唱する嵐
 彼らが残した輝かしい功績、記憶を上回るアイドルグループは、もう現れないかもしれない。
 しかし、「さよなら」は言わない。
 大野智(40)、櫻井翔(38)、相葉雅紀(38)、二宮和也(37)、松本潤(37)。
 列島は5つの嵐の再来を待ちわびる2021年を迎えた。
 また笑顔で集うその日まで「ありがとう、嵐」。
 日本列島が“嵐ロス”に包まれた。「約束の日」の2020年12月31日。国民的スターたちがついに活動停止を迎え、ファンはその旅立ちを温かく見守った。
 猛烈な寒波や新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から不要不急の外出が求められた大みそか。多くの人でにぎわう東京都心は、例年と異なり行き交う人の数はまばらだった。それでも都心の一部では、足を止めて嵐の思い出に浸るファンの姿があった。
 渋谷スクランブル交差点近くにある「SHIBUYA109」では、カウントダウン5日前から「THANK YOU2020」という文字とともにメンバー5人の写真を同ビルに掲載。ファンが名残惜しみながらその雄姿を撮影した。
 銀座三越では「HELLO NEW DREAM. PROJECT」の一環で、12月2日より懸垂幕が掲げてきた。
 当初は5人の背中姿に「夢だけ持ったっていいでしょ?」というメッセージが大きく記されていたが、25日からビジュアルが変更。「まだまだ世界は終わらない」という言葉に、明るい未来を見据えるかのような5人の爽やかな表情が、温かな陽光に照らされていた。
 長年ライブを行ってきた東京ドームや国立競技場などの“聖地”でも静かなるときが過ぎた。ファン御用達のドームのうちわ屋では、この日は午前の開店から人々が訪れた。店員は「今年はコロナ禍で売り上げは激減。ただ、今日はドームでのイベントがないのに、朝からいらっしゃる方は多く、異例です」と説明。ファンは「ありがとう」「また会おうね」といったうちわを購入し、夜の配信ライブに備えた。
 東京・葛飾区から訪れた80歳と50歳の親子は、メンバーがバックダンサーとして踊っていたデビュー前のジャニーズJr.時代からのファン。「娘がお台場のイベントにいったとき、熱中症で倒れてしまったんです。それをみんなで『どうしたの』と助けにきてくれて、日陰まで運び『休んでいてね』といってくれたんです」と懐かしそうに回想した。
 そのときに嵐好きになった鼻炎持ちの娘さん。「カウントダウンライブ」に行った際にくしゃみばかりしていると、鼻炎のことを覚えていた二宮和也(37)が「あ、お台場の子だ」と声をかけてくれたという。古くからのファンにとって寂しい一日となったが、「待っています。活動停止中でもみんなで集まってください」と別々の道を歩み始めた5人に声援を送った。
 ■海外からも愛
 曾祖母が日本人という台湾からの女子留学生(21)は、配信ライブを行った国立競技場を外から見学。「コロナ禍で帰国も考えたけど、最後まで日本で嵐と一緒にいたかった。松潤(松本潤、37)の主演ドラマ『花より男子』で日本に興味を持ち、自分のルーツの国の言葉を勉強するきっかけになりました。解散ではないけど、胸にポッカリと穴が空いた感じ。早く戻ってきてほしい」と嵐が海外でも愛されていたことを熱弁した。
/* sc-component-id: sc-gqjmRU */
.kDbGuZ{margin-top:20px;}
/* sc-component-id: sc-htpNat */
.hrIyGd{width:950px;margin:auto;padding:12px;background-color:#4e555d;}
/* sc-component-id: sc-bxivhb */
.gPlJgd{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;-webkit-align-items:stretch;-webkit-box-align:stretch;-ms-flex-align:stretch;align-items:stretch;margin:0 -8px;}
/* sc-component-id: sc-ifAKCX */
.esrMco{width:25%;padding:0 8px;}
/* sc-component-id: sc-EHOje */
.ickGY{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .ickGY:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .ickGY::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 0) 0;}.exrhXL{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .exrhXL:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .exrhXL::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 1) 0;}.jhZTma{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .jhZTma:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .jhZTma::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 2) 0;}.KjZLf{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .KjZLf:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .KjZLf::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 3) 0;}
/* sc-component-id: sc-bZQynM */
.etOMYq{display:block;font-weight:bold;font-size:1.4rem;color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-gzVnrw */
.hsGpd{display:block;margin-top:4px;font-size:1.2rem;line-height:1.2;color:#8a8f95;}
/* sc-component-id: sc-htoDjs */
.jjGYP{margin:12px 20px 0;font-size:1.3rem;}
/* sc-component-id: sc-dnqmqq */
.dbIXmq{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;}
/* sc-component-id: sc-iwsKbI */
.bACKiA + .sc-iwsKbI{border-left:1px #3c4147 solid;}
/* sc-component-id: sc-gZMcBi */
.JliRI{display:block;padding:0 10px;color:#fff;} .JliRI:hover{color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-bdVaJa */
.NBdyd{background-color:#fff;padding:12px 0 20px;font-size:1.2rem;line-height:1.6;text-align:center;}
/* sc-component-id: sc-bwzfXH */
.gaFnxp:visited{color:#639;} .gaFnxp:hover{color:#cc3434;}
続きを読む

渡部建 日本テレビ系「ガキの使いやあらへんで!」の20年大みそか特番「絶対に笑ってはいけない大貧民 GoToラスベガス24時!」が放送され、ネット上では一部で番組収録に参加していたと報じられていたお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)の登場の可能性をめぐって多数の声が上がっている。
 渡部の登場についてネットでは「本気でガキ使に渡部出てくれないかな」など期待する声や、「ガキ使見たいけど、ほんとに渡部出るのかなぁ。出るなら見たくないんだよなぁ」など否定的なコメントも投稿された。
 また「果たして渡部は出てくるのか??」「結局渡部出てるとこカットするんかな」「ガキ使に渡部が本当に出てくるのかどうかだけ気になる」などの声もあった。
 渡部は多目的トイレなどでの複数の女性との不倫騒動で6月から活動を自粛。一部で「ガキ使」の収録に参加していたと報じられると、12月3日に謝罪会見を開き、収録参加について「何も申し上げられない」「本当に申し訳ないんですが、お答えできません」など明言を避けた。
 ダウンタウンの松本人志(57)は渡部の会見直前にツイッターで「オレと渡部の共演は当分無いと思うよ~」と投稿。12月6日のフジテレビ系「ワイドナショー」では渡部について尋ねられると「今年の年末の『笑ってはいけない』は、お子様からおじいちゃん、おばあちゃんまで楽しめる番組に仕上がっていると思うのでぜひご覧くださいとしか」と渡部の当該シーンを放送しない可能性を示唆していた。報知新聞社
続きを読む

金子勝氏 立教大学特任教授で慶応大学名誉教授の金子勝氏が31日、ツイッターに新規投稿。東京都で新型コロナウイルス新規感染者数が1300人超と初めて1000人台となったことについて言及した。
 金子氏は「【感染爆発】」とし、「いよいよ東京のオーバーシュートが始まった」と爆発的に感染者が増加していると指摘。
 「当面はロックダウンしかないが、新宿、渋谷、港、中央の4区のエピセンターを抑えるには全員(希望者)の検査を系統的に行う必要がある。至急、年明けに向け準備を行え」と求めた。
続きを読む

保釈時の容姿も話題になった デビュー30周年の今年、人気シンガー・ソングライター槇原敬之(51)は2年前の覚醒剤事件で2月に捕まり、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けた。
【写真】モクモクとした煙の中で笑う伊勢谷友介
 今年3月の保釈時は、ガタガタの歯並びとともに、そのボーボーのヒゲが強烈なインパクトだった。ただ夏の裁判時はずっとマスク姿だったため、傍聴記者の間でも「ヒゲはちゃんと生えてましたね」「あごヒゲは生えてた」「横は剃った青い跡みたいな感じでしたよ」などと意見が分かれた。ちなみに髪は結構刈り上げて「(名曲)『どんなときも。』のデビュー当時みたい」と言う記者も。
 初公判最大の見せ場は、新しいパートナーが「います」と公言し「辛いことや大変なことであっても、周りに相談できるパートナーもいる。クスリを使わなくても十分幸せを感じている」と語った場面だ。これには「アタシ、『十分幸せだから』って言われたとき鳥肌立っちゃった」と感動する女性記者も。
 この新パートナーは、槇原が逮捕された日の夜、警察の事情聴取を終え東京・渋谷区の〝マッキー御殿〟に戻ったところをカメラマンに撮られている。
 覚醒剤は常習性が強い。槇原は21年前にも元パートナーと一緒に捕まっている。公判では、また覚醒剤に頼ってしまう危険性を聞かれ「今は本当に…本当に今はないです」とハッキリ答えたが、判決確定後、槇原が薬物更生施設に通っているなどの話は聞こえてこない。
 公式サイトの更新は止まり、SNSは非公開になっているため、近況は不明。当サイトが掴んでいるのは、裁判の後、音楽関係者ではない一般人のタニマチらと慰労会を開いたことぐらいだ。
 槇原と同じくミリオンヒット曲をもつシンガー・ソングライターで、覚醒剤事件を起こしたASKA(62)は、14年9月に有罪判決を受け、新曲を発表したのは16年末。復帰アルバムのリリースは翌17年2月、ツアー再開は翌18年11月、テレビの歌番組復帰は20年9月と、判決から完全復活まで6年かかった。
 復帰はまだ〝遠く遠く〟といったところだろう。東京スポーツ
/* sc-component-id: sc-gqjmRU */
.kDbGuZ{margin-top:20px;}
/* sc-component-id: sc-htpNat */
.hrIyGd{width:950px;margin:auto;padding:12px;background-color:#4e555d;}
/* sc-component-id: sc-bxivhb */
.gPlJgd{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;-webkit-align-items:stretch;-webkit-box-align:stretch;-ms-flex-align:stretch;align-items:stretch;margin:0 -8px;}
/* sc-component-id: sc-ifAKCX */
.esrMco{width:25%;padding:0 8px;}
/* sc-component-id: sc-EHOje */
.ickGY{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .ickGY:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .ickGY::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 0) 0;}.exrhXL{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .exrhXL:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .exrhXL::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 1) 0;}.jhZTma{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .jhZTma:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .jhZTma::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 2) 0;}.KjZLf{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .KjZLf:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .KjZLf::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 3) 0;}
/* sc-component-id: sc-bZQynM */
.etOMYq{display:block;font-weight:bold;font-size:1.4rem;color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-gzVnrw */
.hsGpd{display:block;margin-top:4px;font-size:1.2rem;line-height:1.2;color:#8a8f95;}
/* sc-component-id: sc-htoDjs */
.jjGYP{margin:12px 20px 0;font-size:1.3rem;}
/* sc-component-id: sc-dnqmqq */
.dbIXmq{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;}
/* sc-component-id: sc-iwsKbI */
.bACKiA + .sc-iwsKbI{border-left:1px #3c4147 solid;}
/* sc-component-id: sc-gZMcBi */
.JliRI{display:block;padding:0 10px;color:#fff;} .JliRI:hover{color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-bdVaJa */
.NBdyd{background-color:#fff;padding:12px 0 20px;font-size:1.2rem;line-height:1.6;text-align:center;}
/* sc-component-id: sc-bwzfXH */
.gaFnxp:visited{color:#639;} .gaFnxp:hover{color:#cc3434;}
続きを読む

二階堂ふみも感嘆「フワちゃんのエネルギーってすごいですね」フワちゃん【写真:ツイッター(@fuwa876)より】 大みそか恒例の「第71回NHK紅白歌合戦」が31日、東京・渋谷のNHKホールなどで行われ、人気YouTuber芸人のフワちゃんが登場した。
 歌手の水森かおりの“応援”として駆け付けたフワちゃんは、水森の歌唱前に「実況するからみんな楽しみにしててね」と呼び掛けた。さらには、水森の巨大衣装を前に、スマホをかざしたフワちゃんは「みんな見て」と大暴れ。
 水森がステージ上で「フワちゃん」と手を振って呼び掛けると、フワちゃんは「水森さん、手を振ってないで、ちゃんと集中して」と“ダメ出し”も。
 紅組司会の二階堂ふみは「フワちゃんのエネルギーってすごいですね」と感嘆した様子。一方、白組司会の大泉洋は「フワちゃん、紅白出て大丈夫ですか」と心配していた。ENCOUNT編集部
続きを読む

『第71回NHK紅白歌合戦』に出場した櫻坂46(C)NHK■『第71回NHK紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホールほか)
 2年連続2回目の出場となる日向坂46と、改名して初出場となる櫻坂46が連続で登場。坂道2グループの見事なリレーが実現した。
【リハ写真】さわやかな衣装でパフォーマンスする日向坂46 美脚もちらり
 日向坂46が「アザトカワイイ」でフレッシュなパフォーマンスを披露し終えると、ステージ前方にカメラが移動し、そのまま櫻坂46の「Nobody's fault(ノーバディーズ フォルト)」がスタート。白と赤の2トーン衣装で力強いダンスと歌声で魅了した。
 なお、総合司会の内村光良が2017年に欅坂46(当時)の「不協和音」に参加、去年も“3坂道”合同パフォーマンスに参加したことから、紅組司会の二階堂ふみから「今年は参加しないんですか?」と聞かれ、「今年は十分です」と答えると、白組司会の大泉洋が「今年は手を抜いてるんじゃないですよね?」とポツリ。内村は「抜いてね―よ。なんてこと言うんだ!」とツッコミを入れた。
/* sc-component-id: sc-gqjmRU */
.kDbGuZ{margin-top:20px;}
/* sc-component-id: sc-htpNat */
.hrIyGd{width:950px;margin:auto;padding:12px;background-color:#4e555d;}
/* sc-component-id: sc-bxivhb */
.gPlJgd{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;-webkit-align-items:stretch;-webkit-box-align:stretch;-ms-flex-align:stretch;align-items:stretch;margin:0 -8px;}
/* sc-component-id: sc-ifAKCX */
.esrMco{width:25%;padding:0 8px;}
/* sc-component-id: sc-EHOje */
.ickGY{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .ickGY:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .ickGY::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 0) 0;}.exrhXL{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .exrhXL:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .exrhXL::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 1) 0;}.jhZTma{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .jhZTma:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .jhZTma::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 2) 0;}.KjZLf{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .KjZLf:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .KjZLf::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 3) 0;}
/* sc-component-id: sc-bZQynM */
.etOMYq{display:block;font-weight:bold;font-size:1.4rem;color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-gzVnrw */
.hsGpd{display:block;margin-top:4px;font-size:1.2rem;line-height:1.2;color:#8a8f95;}
/* sc-component-id: sc-htoDjs */
.jjGYP{margin:12px 20px 0;font-size:1.3rem;}
/* sc-component-id: sc-dnqmqq */
.dbIXmq{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;}
/* sc-component-id: sc-iwsKbI */
.bACKiA + .sc-iwsKbI{border-left:1px #3c4147 solid;}
/* sc-component-id: sc-gZMcBi */
.JliRI{display:block;padding:0 10px;color:#fff;} .JliRI:hover{color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-bdVaJa */
.NBdyd{background-color:#fff;padding:12px 0 20px;font-size:1.2rem;line-height:1.6;text-align:center;}
/* sc-component-id: sc-bwzfXH */
.gaFnxp:visited{color:#639;} .gaFnxp:hover{color:#cc3434;}
続きを読む

Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.12月30日、『第62回輝く! 日本レコード大賞』(TBS系)が生放送された。今年の司会者は安住紳一郎(47)と吉岡里帆(27)が務め、新型コロナウィルス感染防止のために無観客で開催された。
【写真あり】第2子を抱える上戸を優しくサポートするHIRO
今年大ヒットした『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の主題歌「炎」を歌ったLiSA(33)が、大賞を受賞。年内で活動休止する嵐が特別栄誉賞を受賞するなど、大いに盛り上がりを見せた。
そんななか、司会者である吉岡もTwitterのトレンドに躍り出るほどの注目を集めていた。
吉岡は瑛人(23)の歌唱中にカメラアングルを向けられると、彼が歌う「香水」に合わせて両手を前にさし出しながら“熱唱”。さらにNiziUが「Make you happy」をパフォーマンス中も、カメラは吉岡の方へ。吉岡はNiziUに合わせて、“縄跳びダンス”を披露したのだった。
この思いがけない吉岡のパフォーマンスに、《可愛すぎる》《もう優勝です》といった称賛が相次いだ。
いっぽうNiziUは、復帰したばかりのMIIHI(16)もそろってフルメンバー9人でのパフォーマンスだった。ファンにとっては楽しみのはずだったが、番組撮影が物議を醸している。
「吉岡さんにカメラアングルが切り替わったタイミングは、MIIHIさんのソロパートでした。29日に行われた『NHK紅白歌合戦』のリハーサルでも、MAYAさん(18)が体調不良で欠席。そんな状況での生放送に、テレビの前で手に汗を握るファンも多かったようです」(テレビ局関係者)
Twitterでは、番組に対して不満の声も上がっている。
《ミイヒちゃんのパートで吉岡里帆を抜いたレコ大のカメラマン、めっちゃ怒られてほしい》
《ミイヒのパートで吉岡里帆映してたレコタイめっちゃ恨む》
《吉岡里帆さんが悪いわけじゃないと思うんだけど、ミイヒ見たかったよ、、、全体的にカメラワーク悪かったよ》
出演者のパフォーマンス中に司会者が映し出される現象は、12月20日に生放送された漫才日本一決定戦『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)でも見られた。
出場者たちが漫才を披露している最中に、司会者の上戸彩(35)がアップで映るといったことが何度もあった。Twitterでは、《漫才に集中できない》《ネタだけ映してほしい》といった不満も散見された。
「今年で9回も司会を務めるほど、上戸さんには安定感があります。芸人たちはもちろん、視聴者からも“癒しの存在”として人気です。ただ、M-1やレコード大賞も年に1回の生放送。司会者を映し出すことで、盛り上がりを伝えようとする意図があるようですが、吉岡さんも上戸さんも華がある女優なだけにインパクトが強すぎるのでしょう」(テレビ誌ライター)
今年はコロナ禍でテレビ局も、無観客や観覧者を減らすといった対応に追われた1年だった。それだけに、視聴者からの反響も大きかったようだ。
/* sc-component-id: sc-gqjmRU */
.kDbGuZ{margin-top:20px;}
/* sc-component-id: sc-htpNat */
.hrIyGd{width:950px;margin:auto;padding:12px;background-color:#4e555d;}
/* sc-component-id: sc-bxivhb */
.gPlJgd{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;-webkit-align-items:stretch;-webkit-box-align:stretch;-ms-flex-align:stretch;align-items:stretch;margin:0 -8px;}
/* sc-component-id: sc-ifAKCX */
.esrMco{width:25%;padding:0 8px;}
/* sc-component-id: sc-EHOje */
.ickGY{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .ickGY:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .ickGY::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 0) 0;}.exrhXL{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .exrhXL:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .exrhXL::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 1) 0;}.jhZTma{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .jhZTma:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .jhZTma::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 2) 0;}.KjZLf{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .KjZLf:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .KjZLf::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 3) 0;}
/* sc-component-id: sc-bZQynM */
.etOMYq{display:block;font-weight:bold;font-size:1.4rem;color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-gzVnrw */
.hsGpd{display:block;margin-top:4px;font-size:1.2rem;line-height:1.2;color:#8a8f95;}
/* sc-component-id: sc-htoDjs */
.jjGYP{margin:12px 20px 0;font-size:1.3rem;}
/* sc-component-id: sc-dnqmqq */
.dbIXmq{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;}
/* sc-component-id: sc-iwsKbI */
.bACKiA + .sc-iwsKbI{border-left:1px #3c4147 solid;}
/* sc-component-id: sc-gZMcBi */
.JliRI{display:block;padding:0 10px;color:#fff;} .JliRI:hover{color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-bdVaJa */
.NBdyd{background-color:#fff;padding:12px 0 20px;font-size:1.2rem;line-height:1.6;text-align:center;}
/* sc-component-id: sc-bwzfXH */
.gaFnxp:visited{color:#639;} .gaFnxp:hover{color:#cc3434;}
続きを読む

高須克弥氏 全身がんであると公表している高須クリニックの高須克弥院長(75)が31日、ツイッターに投稿。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない状況に、「蔓延のスピードが上がっています。手がつけられない状態に近付きつつあります」と投稿した。
 高須院長は年明けに手術予定でこれまでに「年が開けたら挑戦的癌治療をして勝利を目指すぜ。びっくりさせたる」とツイートしていた。
 この日は「僕の癌手術もトリアージに近付きつつあります」とツイートしたうえで、「今回は生還するつもりです。譲りません」と記した。
続きを読む

↑このページのトップヘ