エンタメ・芸能Yahooニュースまとめ

ヤフーニュースから芸能エンタメニュースのコメントをまとめてます。

2021年01月

大河ドラマ「麒麟がくる」第43話。鬼の形相で織田信長と対峙する明智光秀(長谷川博己)(C)NHK 俳優の長谷川博己(43)が主演を務めるNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)の最終回(第44話、2月7日)の副題が「本能寺の変」であることが1月31日、次回予告で明らかになった。注目の最終回のあらすじも解禁となった。
【写真】大河ドラマ「麒麟がくる」第43話。「毒を盛る、信長様に」と明智光秀(長谷川博己)の背中を押した帰蝶(川口春奈)(C)NHK
続きを読む

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第43回の一場面 信長(染谷将太さん)に理不尽な叱責を受ける光秀(長谷川博己さん) (C)NHK 2月7日に最終回を迎える長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第43回「闇に光る樹(き)」が1月31日に放送され、有名な「宴」のエピソードが描かれた。
【写真特集】光秀のすんごい表情! まるで般若? 信長から理不尽な叱責を受け… 「本能寺ゲージ」マックス!! そして最終回へ 武田を攻め滅ぼしたことを祝い、信長(染谷将太さん)が安土城に家康(風間俊介さん)を招いての宴が開かれる。家康の希望で、光秀(長谷川さん)は饗応役(きょうおうやく)を任されるが、祝宴の席で信長が急に「膳が違うぞ」「品数が足りん」と言いだし、光秀は理不尽な叱責を受ける。
続きを読む

キングコング・西野 キングコング西野亮廣(40)は本当に円満退社なのか? ネット上では懐疑的な見方が広がっている。
 西野は、31日にボイスメディア「Voicy」の「西野亮廣エンタメ研究所」を更新。その中で「マネジャーとのLINEをSNSに出しちゃったこと」を率直に反省したうえで、退社したのは、マネジャーに怒ったことが原因ではなく「自分の活動内容と、吉本のマネージメントの仕組みが、マッチしなくなってきた」ことにあると強調した。
「あくまで、今回の発表は『西野亮廣個人のマネージメントは西野の会社で行います』というだけの話です」
 この日、本紙の直撃にも円満退社を主張したが、ネット上では「対応ナメてる、ガン詰めした等ツイートしておいて?」「社員とのSNSを勝手に外部にさらして円満なのか」「信者しか信じないのでは」などと懐疑的な書き込みが噴出しているのだ。
 お笑い関係者は「仕事内容のミスマッチは今に始まったことではない。問題なのは、なぜここで唐突に退社になったかです。西野は他の所属芸人と比べ、個人の仕事の裁量が格段に認められている。そこに疑問を持つ社員や芸人は少なくありません。吉本上層部が激怒しているという一部報道がありましたが、西野には特別待遇の恩恵まで与えているのに、社員のSNSまでさらされれば、吉本側が怒るのも無理はない」と話す。
 話し合いの場は双方冷静だったというが、それが西野には円満に見えただけなのかもしれない。
 31日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、松本人志が「円満が急にこんなにバタバタやめるわけないからね!」と指摘した点が気になるところだ。東京スポーツ
続きを読む

「キングコング」の西野亮廣 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(40)が31日、YouTubeチャンネル「毎週キングコング」に動画を新規投稿。前日30日に吉本興業とのマネジメント契約が終了してから初の動画更新で、退社を伝えた。
 「吉本興業を辞める事になりました」と題した動画で、ユーチューバー「カジサック」としても活動する相方・梶原雄太(40)とともに登場。冒頭、梶原が「水漏れ」のトークを始めると、西野は「待って、聞くことあるやん。今日本で一番ホットな。知っている?俺吉本辞めてんで」とツッコんだ。
 退社について「お騒がせしております」と謝罪。「揉めたわけではない、それだけは言っておきたい」としたうえで、「吉本とお前とは会うかって叩きつけて出てきたわけではないし、吉本からお前はクビやって感じでもないし、話し合ってお互い落としどころがこのへんかなみたいな感じが今」と報告した。「これを言っておかないと、ケンカ別れみたいになっちゃうから。円満」と強調した。
 前日30日、吉本興業が西野とのマネジメント契約終了を発表した。西野が原作・製作総指揮を務める公開中のアニメ映画「えんとつ町のプペル」の宣伝を巡り、不満を募らせた西野側と吉本側で退社も含めた話し合いが持たれていた。
 西野は同日、ツイッターで「オラオラ喧嘩して辞めるわけではなく、お互いプラスになるような形を探った結果です。なので、普通に仲良しですし、継続する仕事もあります」と円満退社、良好な関係を強調した。
 一方の梶原も30日深夜、自らのYouTubeチャンネルを更新。西野の退社は事前に知らされていたとし、「一番大事なのは、円満(退社)です」と強調、トラブルは一切ないと断言した。自らは吉本興業に残留する意思を示した。
続きを読む

宴の席で激怒する信長(染谷将太)をにらみ返す光秀(長谷川博己)=大河ドラマ『麒麟がくる』第43回より(C)NHK NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。31日に放送された第43回は、本能寺の変へのフラグが立ちまくり。いよいよ来週2月7日、最終回「本能寺の変」は15分拡大版で放送される(BSプレミアムは午後5時45分スタート)。
【動画】『麒麟がくる』最終回「本能寺の変」予告編
 第43回では、帰蝶が目の病の療治のため京にきていることを知った明智光秀(長谷川博己)はすぐに会いに行く。帰蝶を斎藤道三(本木雅弘)に見立て、「今の信長(染谷将太)をどう思うか」と尋ねると、帰蝶は「毒を盛る」「よろず作ったものがその始末をするほかあるまい」と、道三に代わって答えたのだった。帰蝶の言葉を聞いて、光秀は「信長様あっての私、そのお人に毒を盛るのは己に毒を盛るのと同じに存じます」と、複雑な表情を見せる。
 番組公式ツイッターでは、帰蝶役・川口のコメントを紹介。「『本能寺の変』がいよいよ近づいてきました。『本能寺の変』ついては、演じるまで『光秀が信長を倒した』ということしか知りませんでしたが、今回の『麒麟がくる』では、そこに至るまでの光秀の葛藤や迷い、そして、いろんな人の思いを背負い、自分がやらなくてはいけないという責任感などの光秀の計り知れない思いをすごく感じます。光秀の切ない思いに感情移入せざるをえない内容になっていると思います。最終回まで、是非ご覧いただきたいと思います」。
 光秀の葛藤や迷いは、「月にまで届く大きな木を切る不思議な夢」にも表れていた。「木を登っていくのは信長様、木を切り続ければ…」と、駒(門脇麦)の前で不安がっていた光秀だったが…。甲斐・武田勝頼攻めで武功を立てた徳川家康(風間俊介)を安土城に招いてもてなす宴で、言いがかりをつけて激怒した信長と、にらみ返す光秀のヒリヒリとしたやり取りに、最終回への期待はいやが上にも高まる。
続きを読む

 石原伸晃氏 新型コロナウイルスに感染して入院した自民党の石原伸晃衆院議員が31日、感染判明後初めてツイッターを更新した。石原氏は「皆様には、大変ご迷惑とご心配をおかけしました」と謝罪するとともに、悪化していた症状が安定したことを報告した。リプライが即座に届き、「お大事になさって下さい」と完治を願うものや、「すぐ入院できていいな」と皮肉も見られた。
 石原氏は「PCR検査の結果が陽性となり、心臓に既往症があるため、医師の指示により入院し、治療に努めて参りましたが、お陰様で一時は悪化していた症状も安定しました」と投稿。「病床のひっ迫にも鑑み、お医者様とも相談の上、完治には至っておりませんが、本日より自宅療養に切り替えることとしました。このような時期、感染を防ぐのがいかに難しいかを改めて感じました」と退院したことも報告した。
 石原氏の事務所は22日に石原氏がPCR検査で陽性となったことと、既往症があることから医師の指示で即入院となったことを明かしていた。石原氏の入院を巡っては、コロナ陽性となっても入院できず自宅療養のまま亡くなる人がいることから批判がわき起こり、国会でも取り上げられた。そのため、リプライには「石原様と同じように持病を抱えたまま病院に入れず自宅療養されている方が全国に大勢います。症状が急変してお亡くなりになる方々も多数いらっしゃいます」「全国には入院待ちの方がたくさんいるのにすぐ入院できた説明をよろしくお願い致します」「俺も感染したら病室とってね」などと現状の改善と説明を求める声が見られた。
続きを読む

辛坊治郎氏 フリーキャスターの辛坊治郎氏(64)が31日、読売テレビ「そこまで言って委員会NP」に出演し、新型コロナのワクチン接種のシステムに疑問符を付けた。
 政府は新型コロナワクチンの接種について、①一部医療機関の医療従事者②新型コロナに関わる全国の医療従事者③65歳以上の高齢者④基礎疾患を有する人や高齢者施設従業員ら⑤その他一般の人――の順で進める見込み。
 これに辛坊氏は「私、64歳、基礎疾患あり。当然他の人より早く打ってくれそうな気がするじゃないですか。連日の報道そうなってますよね」と指摘し、「厚生労働省に直接聞きました」と明かした。
 まず辛坊氏に基礎疾患があることを政府はどう判定するのか?を質問すると、「その方法はありません」。では、優先してもらうにはどうすればいいか?と聞くと、接種券と同時に配られる問診票に「基礎疾患あり」と書き込んでくれと言われたという。
「ほかの一般の人には『基礎疾患の人を優先してくださいね』って言いますから、と。ということは俺は一般の人と同じちゅうことだ」と声を大にした辛坊氏。
 政府に基礎疾患がある人の情報を管理するシステムはないとし「メディアが連日、『基礎疾患のある方は優先的に打ってもらいます』って(報じているが)ウソでしょこれ。じゃあ診断書がいるのか聞いたら『一人ひとりにそれをお願いしたら医療がパンクするからそんなことはしませんし、できません』。ということは、基礎疾患のある人優先ってできないってことだよ」と訴えた。東京スポーツ
続きを読む

飯窪春菜 元モーニング娘。の飯窪春菜(26)が30日放送のMBS「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。MCの明石家さんま(65)、ゲストの藤本美貴(35)らと反抗期について話している時に、自身は反抗期がなかったと明かし、その理由に母の衝撃的なお弁当があることを明かした。
【写真】笑顔で写真に納まる明石家さんまと長男の二千翔さん
続きを読む

バンダイのプラモデル『RG 1/144 νガンダム[クリアカラー]初回生産限定パッケージ』より 昨年12月19日から、動く実物大のガンダムが横浜・山下ふ頭の「ガンダムファクトリーヨコハマ」にて展示中。ガンダムファンなら好きなモビルスーツを見るだけでなく、「実際に操縦する自分」を妄想した経験のある人も多いことだろう。そこで今回は「もし自分がガンダムの世界にいたら、一番乗ってみたいと思う機体」に関するアンケート調査をサイト上で実施。
■【ランキング結果】全ガンダム作品「実際に乗ってみたい機体」1位から20位はコチラ■
続きを読む

 丸山桂里奈 元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈が、29日のフジテレビ「ダウンタウンなう 人志松本の酒のツマミになる話」で、UFOや奇妙な人物と日常遭遇していると語りだし、ネット上をざわつかせている。
 番組では、佐藤隆太が「UFOを見てみたい」と存在を信じたいと話すと、丸山が「絶対います、絶対います」と早口でカットイン。驚く佐藤に、丸山は真顔でうなずいてみせ、「私はあります。3回くらい」と話し出した。
 現役時代、米国でサッカーの試合中に「ぱっと上を見たら、ここらへんに、いたんです」と上方を指さしながら説明。「はっきりめちゃくちゃ形が見えて、グルグルグルって回ってて、円盤と菱形とあと細長い鉄みたいな」と形を解説した。
 いずれも海外で昼間のサッカーの試合中だったという。
 「あと1つ、いいですか」として、「宇宙人といえば、円盤じゃなくてフジテレビの湾岸スタジオ歩いてたら、めちゃくちゃ耳たぶが下に(床に)ついてた人が歩いてた」とも語った。
 松本人志らが混乱する中、丸山はその人物とは廊下ですれ違い、少したってから振り返ると「あっちもみてました」。
 また「あんまりいうとあれかなと思いますが、たぶん人間ではないと思われますよ」として、ほかにも超巨大な耳をした人物をスクランブル交差点で見たり、「コンビニにもいるし」と、アイス販売コーナーに「アゴが刺さっている人がいた」とも。
 どよめき続けた後に、松本は「アゴアゴ~君」と命名していた。
 丸山はたびたび遭遇するといい「あっ、いるんだなって感じで、あまり見ないようにして。最後にちらっと見たら、あっちもちらっとみて、ちょっと早く歩いていく」と話し、「なかなか言える場所がなくて、きょう言えて良かった」とにっこりしていた。
 ネット上は案の定、興味を示すコメントと、疑問視する投稿に別れた。「めちゃくちゃ面白かった」「気になって仕方ない」「宇宙人遭遇話めちゃくちゃ面白いw」「丸山桂里奈の耳宇宙人ネタ凄いなw」「目撃情報が奇怪すぎて逆に笑」と反応する投稿の一方で、「大丈夫か?」「丸山が宇宙人」と首をかしげるコメントもみられる。
続きを読む

↑このページのトップヘ